まるさ住宅株式会社

入居直後に必須!賃貸物件の入居前点検チェックリスト

店舗一覧 物件探しはこちら

入居直後に必須!賃貸物件の入居前点検チェックリスト

入居直後に必須!賃貸物件の入居前点検チェックリスト

2024/02/01

賃貸物件に入居する際には、入居前に点検を行い、建物の状態を確認することが大切です。この入居前点検チェックリストを使えば、入居直後のトラブルを未然に防ぐことができます。この記事では、必須の項目を紹介し、入居前にしっかりと確認しておくべきことを解説します。新しい生活を始める前に、ぜひチェックしてみてください。

目次

    入居前点検チェックリストとは?

    入居前点検チェックリストとは、不動産業界において新たに入居する入居者が引っ越す前に物件の状態を確認し、問題があれば修繕するための一連のプロセスのことを指します。このチェックリストには、建物や部屋の外見・内装、設備や機器、周辺環境などに関する細かい項目が盛り込まれています。 入居前点検チェックリストは不動産業界において非常に重要なツールであり、管理会社やオーナーが入居者との間において問題が発生することを未然に防ぎ、両者の信頼関係を確立するのに役立ちます。また、入居者にとっても、急なトラブルが生じた場合のトラブルシューティングのアイデアを提供してくれるため、安心して引っ越しをすることができます。 不動産業界では、入居前点検チェックリストの実施は法律で義務付けられており、入居者とオーナーとの間の契約書にも明記されています。このため、入居前点検チェックリストに不備がある場合は、修繕費用の責任を問われることになるため、オーナーや管理会社にとっても、真摯に対応する必要があります。 一方、入居者にとっては、チェックリストに基づいて物件の状態をしっかりと確認し、問題があれば適切に報告することが求められています。入居前点検チェックリストは、入居者とオーナーとの間の良好な関係を維持するために重要な要素であり、不動産取引において欠かすことのできないものです。

    ①水回りの確認

    不動産業において、お客様が新しい物件に入居する前に行うべき大切な手順の一つに水回りの確認があります。水回りとは、キッチンやバスルーム、トイレなどの水回り箇所のことを指します。 水回りに問題がある場合、入居後に困ったことが起こるだけでなく、修繕費用がかかってしまうこともあります。そのため入居前に、必ず水回りの確認を行うことが大切です。 具体的には、キッチンのシンクや水道の動作確認、排水口のつまり等、バスルームのシャワーの水圧や排水溝の動作確認、トイレの水漏れや便器のつまり等、箇所ごとに確認していく必要があります。 万が一、問題がある場合は、すぐに不動産会社に報告しましょう。きちんと報告されることで、不動産会社と修繕業者が迅速に対処することができます。 最後に、水回りだけでなく、室内全体にわたって点検を行い、入居前に気になる箇所があれば、必ず不動産会社に申告しましょう。そうすることで、快適な新生活を始めることができます。

    ②電気設備の点検

    不動産業界にとって、建物の電気設備が正常に機能していることは非常に重要です。そこで、定期的な点検が欠かせません。点検では、配線やパネル、コンセントやスイッチ、照明設備などの検査を行います。不良部分があれば、早急に修理をすることで、安全かつ快適な生活環境を保つことができます。 さらに、点検によって電気設備の長寿命化も促進されます。適切な点検とメンテナンスがされていない電気設備は、使用することで摩耗し、故障する危険性が高くなります。しかし、適切な点検を行うことで、故障の発生を予防することができます。 また、建物の電気設備に問題がある場合、不動産業者としては修理をすることが求められます。建物の瑕疵があることを知らず、入居者に影響があった場合、責任を負うことになるためです。電気設備の点検と修理を適切に行うことで、入居者の安全を確保し、信頼される不動産業者としての信用も築くことができます。

    ③空調・暖房の確認

    不動産業界では、物件の管理が重要な仕事と言えます。その中でも、空調や暖房の確認は、入居者の快適な生活を保つために欠かせない作業です。 まずは、空調の確認から行います。空調は、暑い夏や寒い冬には欠かせない設備です。そのため、入居者が快適に過ごせるよう、不動産業者が空調の動作確認を行うことが求められます。具体的には、空調の起動確認や各部品の点検が必要です。 次に、暖房の確認です。冬になると、暖房は入居者の生活にとっては必須の設備となります。不動産業者が暖房の動作確認や点検を行うことで、入居者が快適に過ごせるようになります。具体的には、暖房の起動確認や熱源機器の点検が必要です。 空調と暖房は、一年中快適な生活を送るための重要な設備です。そのため、不動産業者はこの設備を管理し、入居者が快適な生活を送れるように注意を払うことが必要不可欠です。定期的な点検やメンテナンスにより、空調や暖房のトラブルを未然に防ぎ、入居者との良好な関係を築くことができます。

    ④ドアや窓の確認

    不動産を購入するときには、物件の内外を確認することがとても重要です。その中でも、ドアや窓の状態はとても重要です。ドアや窓は、住宅の基本的な機能である出入り口と通気口であり、家の安全性や快適性を左右する大切な部分です。まず、外側のドアや窓は、防犯面を考えると、十分な強度があるか、隙間の無いか、錆びや腐食の跡がないかを確認しましょう。また、内側のドアや窓は、音や温度を遮断するため、十分な二重窓やドアか、防音窓か、断熱効果のある窓かを確認しましょう。そして、すべてのドアや窓が開閉するか、鍵がきちんと開閉するか確認することが必要です。このように、ドアや窓の確認は、物件選びの重要なポイントの一つです。不動産を検討する人は、もちろん外観や内装もチェックすることが大切ですが、ドアや窓にもしっかりと目を向けて、快適で安全な住まいを手に入れてください。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。