まるさ住宅株式会社

不動産売却のポイントは?売却の流れから注意点まで解説

店舗一覧 物件探しはこちら

不動産売却のポイントは?売却の流れから注意点まで解説

不動産売却のポイントは?売却の流れから注意点まで解説

2024/03/04

不動産を売却する際、ポイントとなることは何でしょうか?売却の流れや注意点について解説します。不動産を売却する際には、様々な手続きが必要となります。売却価格や契約内容、物件の調査など、注意すべきポイントは多岐にわたります。ここでは、不動産売却のポイントについて、詳しく解説していきます。

目次

    1. 売却の流れ

    不動産を売却する際の流れは、まずは不動産会社に相談することが大切です。専門家が土地や建物の価値を査定し、オーナーの意向に合わせて買い手を探すことができます。買い手が見つかると、売却契約を交わします。その後、土地や建物の登記簿や証明書などの書類を整え、引渡しの日程を決定します。また、購入者との不動産取引に関する書面のやり取りが必要になることもあります。最終的に、引渡し時に代金を受け取り、手続きを完了させることで、不動産売却が完了します。このように、不動産売却をする際には、専門的な知識や手続きが必要になるため、不動産会社のサポートが欠かせません。

    2. 査定の重要性

    不動産の売却や購入において、査定は重要な役割を担っています。不動産というのは、所有者にとって資産の一つであり、その価値は相場によって決まります。そして、その相場を知るためには査定が欠かせません。 査定をするためには、物件の状態や周辺環境、地価などの要素を考慮しなければなりません。そして、その査定結果に基づいて、売値や購入価格が決定されます。つまり、査定によって不動産取引の精度が高まり、トラブルの防止にもつながっています。 また、不動産価格は市況によって大きく変動するため、一定期間ごとに査定を行うことが推奨されています。それによって、不動産の価値を把握し、必要に応じて売却や購入のタイミングを計ることができます。 不動産取引においては、査定が重要な役割を担っていることが分かりました。できるだけ正確な査定を行うためには、専門家に依頼することがおすすめです。売却側は高く、購入側は安く不動産を取得することが目標ですが、中立的な立場から見た正しい判断をするためには、専門家の助けが必要です。

    3. 売却価格の決定

    不動産において売却価格の決定は、物件の価値を正確に把握することが重要です。まず、物件周辺の相場や市況を調べることで、大まかな売却価格を算出することができます。しかし、この方法だけでは正確な価格を決めることはできません。なぜなら、物件の状態や立地、周辺環境によって価格が変動するからです。そのため、専門の不動産業者に査定してもらうことが必要不可欠です。査定できる業者を選ぶ際には、口コミや評判、実績などを調べることが大切です。不動産業者から提示された査定額に対し、自身が納得できる金額になるよう、交渉を行うことも回避すべきではないです。売主にとっても買主にとっても納得のいく価格での売却が望ましいです。

    4. 印紙税や登録免許税などの諸費用に注意

    不動産を購入・売却する際には、印紙税や登録免許税などの諸費用にも注意が必要です。印紙税は契約書や譲渡証明書などに貼付されている切手のことであり、売買代金に応じて一定の金額が必要となります。登録免許税は不動産の登記手続きにおいて発生する税金であり、売買代金の一定割合が課税されます。また、不動産取引には中介手数料や仲介手数料などの費用もかかるため、事前に見積もりを取ることが大切です。費用を抑えるためには、自分で契約書を作成するなどの方法もありますが、必ず専門家に相談してから手続きを進めることが望ましいです。確認不足や手続きのミスによって、後々高額な追加費用が発生することもあるため、注意が必要です。

    5. 契約書の内容に気を付けよう

    不動産取引において、物件を所有する人と物件を購入する人との間で行われる契約書は、大変重要な書類です。しかし、契約書には様々な内容が含まれており、中には取引当事者に不利益な条項がある可能性もあります。 そのため、契約書を作成する際には、取引当事者が不利益を被らないように細心の注意を払う必要があります。特に、物件価格や引き渡し日など、重要な内容は十分に明確にしておく必要があります。 また、契約書には、個人情報保護に関する法令や建築基準法に基づく条項など、法律に基づく重要な内容も含まれます。そのため、契約書を取り扱う業者は、法律に明るく、適切なアドバイスを行うことが求められます。 なお、契約書を取り扱う際には、必ず書面で交わすように心がけましょう。口頭での約束は、後々のトラブルを招く原因になることもあります。契約書には、当事者の意思確認も含まれているため、しっかりと取引内容を記載し、問題が生じないようにしましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。